最大52%オフ! NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立 講習付き 車載もできるスリムで軽量な電動カート メーカー直送 1-2W バッテリーのシニアカー 小型のカート 87600円 NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立+講習付き(車載もできるスリムで軽量な電動カート バッテリーのシニアカー 小型のカート) メーカー直送 1-2W ダイエット、健康 介護用品 電動カート 87600円 NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立+講習付き(車載もできるスリムで軽量な電動カート バッテリーのシニアカー 小型のカート) メーカー直送 1-2W ダイエット、健康 介護用品 電動カート 小型のカート),電動4輪カート,メーカー直送,/kiyi216439.html,組立+講習付き(車載もできるスリムで軽量な電動カート,モバイルアルファ,ダイエット、健康 , 介護用品 , 電動カート,87600円,cdcol.it,バッテリーのシニアカー,NOAA,1-2W 最大52%オフ! NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立 講習付き 車載もできるスリムで軽量な電動カート メーカー直送 1-2W バッテリーのシニアカー 小型のカート 小型のカート),電動4輪カート,メーカー直送,/kiyi216439.html,組立+講習付き(車載もできるスリムで軽量な電動カート,モバイルアルファ,ダイエット、健康 , 介護用品 , 電動カート,87600円,cdcol.it,バッテリーのシニアカー,NOAA,1-2W

最大52%オフ NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立 講習付き 車載もできるスリムで軽量な電動カート 宅配便送料無料 メーカー直送 1-2W バッテリーのシニアカー 小型のカート

NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立+講習付き(車載もできるスリムで軽量な電動カート バッテリーのシニアカー 小型のカート) メーカー直送 1-2W

87600円

NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立+講習付き(車載もできるスリムで軽量な電動カート バッテリーのシニアカー 小型のカート) メーカー直送 1-2W

日本電動車いす交通協会認定の優良安全運転指導士による、運転操作指導と交通ルール、マナーを懇切丁寧に指導いたします。
保険は会員制の年次更新でご利用者様宅へお伺いします。
故障やバッテリー交換など万一の場合はコールセンターにお気軽に、ご連絡下さい。

【サイズ(約)】1040×550×900mm 車輪:前後輪23cm
【重量(約)】58kg
【仕様】バッテリー:12V×18A 2pcs 鉛酸バッテリー 充電時間:6〜8時間 モーター/ブレーキ:270W/電磁ブレーキ ブレーキ:電子式 後輪ディスク 速度:前進〜6km/h、後進〜2km/h 登坂能力:13度 ※乗員重量60kg 
【特長】小型軽量 バッテリーパック方式(室内充電可) 車載可(折りたたみ)、飛行機持込可(実績多数)
【製造国】台湾

※お客様のご注文ごとにメーカー・仕入先に発注し、そこから直接出荷します。
※発送のご案内が出荷日より遅くなる場合がございます。
※他商品との同梱はできません。
※代金引換・後払い決済、日時指定、北海道・沖縄・離島への配送はできません。
※キャンセル・お客様ご都合による返品・交換はお受け致しかねます。










商品名 NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立+講習付き
型番/JAN WT-T4G:レッドブラック/4946816830409
WT-T4G:シルバーブラック/4946816830416
サイズ(約) 1040×550×900mm
車輪:前後輪23cm
重量(約) 58kg
仕様 バッテリー:12V×18A 2pcs 鉛酸バッテリー
充電時間:6〜8時間
モーター/ブレーキ:270W/電磁ブレーキ
ブレーキ:電子式 後輪ディスク
速度:前進〜6km/h、後進〜2km/h
登坂能力:13度 ※乗員重量60kg
特長 小型軽量 バッテリーパック方式(室内充電可)
車載可(折りたたみ)、飛行機持込可(実績多数)
製造国 台湾
注意 ※ディスプレイの環境上、実際のカラーが再現できない場合がございます。




電動4輪カート(組立+講習無し)



NOAA モバイルアルファ 電動4輪カート 組立+講習付き(車載もできるスリムで軽量な電動カート バッテリーのシニアカー 小型のカート) メーカー直送 1-2W

  • 「危ないから向こういってろ(Please keep away!)」山崎開平氏(環境科学院写真コンテスト2020最優秀賞)
    電磁誘導式氷厚計をスノーモービルで引きながら、積雪深・氷厚を測定している最中。普段は愛らしいだけで無害のアデリーペンギンだが、このときばかりは別。

  • 「寒さに耐えながら」中川智裕氏(環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    サケの産卵床に⼈⼯孵化のサケ卵を埋め、それを取り出しています。真冬の川の中は凍てつく寒さです。その⽔の中に⼿を⼊れます。寒さに耐えながらも、研究への熱い思いは決して絶えません。

  • 「Social distancing and solidarity 2020」内海俊介氏(環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    2020年7⽉1⽇、ソーシャルディスタンスで野外実験のセットアップ

  • 「贅沢な時間」重枝絢氏 (環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    空が⾚くなり始める前に作業が終わった時の⼀枚。快晴の空と⼼地よい気温の中、雄⼤な 景⾊をじっくりと眺めることができるのは、調査の中で貴重なひとときである。

  • 「初回講習のようす」井口誼美氏(環境科学院写真コンテスト2020カバーフォト賞)
    私のラボでは様々な機器を⽤いて実験を進めていくのですが、測定のために遠征することも多々あります。ちなみにこの機械は2000万円越えという⾮常に⾼価な機械でいつも使う時は緊張します。

Public Activities

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University